RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

【モップ・ルンバ】床拭き掃除におすすめなロボット掃除機の人気ランキング【フローリング掃除やペットを飼っている人に】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180717225129j:plain

ルンバのロボット掃除機が流行っていて、持っている方も多いのではないでしょうか。
自分で掃除機をかけずにほこりやちりを片付けてくれるロボット掃除機は便利で良いですよね。

モップ掛けをしてくれるフローリング専用のロボット掃除機をご存知でしょうか。

フローリングはやはり掃除機よりモップをかけて水拭きをしたいという方も多いと思います。

そこで、今回はフローリングに特化したモップ掛けができるロボット掃除機をご紹介いたします。


どんな人におすすめ?


拭き掃除をするロボット掃除機なので、あまり絨毯やラグの上などを拭くのは得意としていません。

お部屋の大部分がフローリングの場合、大きな効果を発揮します。

小さなお子様がいて細かいちり、ほこりが気になったり、ペットを飼っていて抜け毛や汚れがきになるご家庭にはとてもおすすめできます。



床拭き掃除機の選び方


床拭き専用かゴミの吸引も出来るか


床拭き専用のロボット掃除機と、拭き掃除、ゴミの吸引も出来る二種類の掃除機があります。

おすすめは床拭き専用のものです。ゴミの吸引もできるものだと、だいたいメインの機能は吸引の為、拭き掃除はおまけ的な感覚のものが多いです。

水拭き、乾拭きでフローリングをメインに掃除したい場合は床拭き専用の物の方が高い効果を発揮します。

乾拭きモードと水拭きモード


また、掃除機によって水拭きのモードがあるものと、乾拭きのモードがあるものと分けられます。

乾拭きのものはそのまま布が設置されていて、動くものが多く、水拭きのものは水をためるタンクがついていて、そこから水を供給する機能がついているなどの違いがあります。

通常の水拭きと乾拭きの違いとおなじで、水拭きの方がより洗浄力が強いですが、掃除できる範囲が限られます。

フローリング専用で使うならば、水拭きのものがおすすめです。

機能と性能


その他ロボット掃除機にはいろいろな機能が付いていて、自分の生活に合った機能をえらぶことをおすすめします。

主な機能としては下記があります。



衝突防止機能

ほとんどのロボット掃除機についています。壁を検知して避ける機能です。

段差乗り越え機能

一般的なロボット掃除機は段差に弱く、カーペットや部屋と部屋の間の段差などでつまづいてしまい、動かなくなってしまうものが多いです。
この機能が高いとある程度の段差は乗り越えてくれて、使い勝手がよくなります。


「自動帰還」機能があるとさらに便利

安いモデルだと、バッテリー切れまで掃除をし続けて、終わったらその場で止まってしまうものもあります。その場合、いちいち手で充電しなければならず、意外手間に感じます。
自動で充電ドックに帰る機能があれば、余計な手間もかからず、充電のし忘れもないので、必須機能です。


シンプル機能やWi-Fi付きなど、操作性も要確認

機会に苦手な方はボタン一つで掃除をしてくれるシンプルな操作性のものがおすすめです。

逆に高機能なものが良ければ、wi-fi機能で外出先からスマホでスイッチを入れれるなどの物があるので、機能を良く確認して選びましょう。

効率良く掃除させたいのなら「ナビゲーションシステム」が便利

この機能が搭載されていれば、ロボット掃除機が部屋と自分の位置を正確に把握し、効率よく掃除をしてくれるので、掃除のしのこりが少なくなります。


ワンルームなど、仕切りのない空間では「進入禁止機能」が役立つ

赤外線で区切りをつけることが出来る侵入禁止機能は、設定しておけば掃除する範囲を限定できます。ロボット掃除機に侵入してほしくないエリアがある場合はこの機能がおすすめです。



特に大事なのは衝突防止・落下防止・段差の乗り越えの三つです。
この三つはロボット掃除機としての動きに左右するものなので、機能が高い方がより満足度が上がります。







おすすめロボット掃除機ランキング

7位 ヤーマン 正規品 ロボクリーン STA-107 お掃除ロボット 自動掃除ロボット RoboClean ロボット掃除機

タイプ モップタイプ
衝突防止機能
高さ 9cm
重さ 600g
自動帰還機能 -
特徴 -

格安の超軽量のロボット掃除機になります。
その分、多くの機能はついておらず、ボタンを押して掃除開始、終了時間はタイマー(30・60・90分)が付いています。

モップも自分で取り外して洗うなどの後処理が必要になります。

しかし、この値段で自動で掃除してくれるロボットが手に入るので、試したい方におすすめです。

注意点として、段差とかがある場合、落ちてしまうので注意しましょう。


レビュー
かわいらしくて働き者です。 ひとりで掃除はつまらないものですが、床をキュルキュルお掃除しているこのロボットがいると、なんだか楽しくて私も他の仕事がはかどります。 両親もロボクリーン君が動いていると、<あ、きれいししてくれてるの!?ありがとう!>などと声をかけ、楽しそうで明るくなります^^
出典:amazon.jp


6位 CCP MOPET 拭き掃除専用 アロマ対応 ショコラブラウン ZZ-MR4-BR (3121円)

タイプ モップタイプ
衝突防止機能
高さ 5.6cm
重さ 275g
自動帰還機能 -
特徴 フェイスシールつき

上の商品と同様、とても安価で乾拭きのモップのみの商品になります。

回転しながら直進していき、壁に当たると方向転換して掃除をしていきます。

こちらはバッテリー式ではなく、電池式になります。

10分走ったら自動的に止まるため、あくまで補助的な役割で動かした方がよさそうです。

しかし見た目も可愛く、フェイスシールがついていて、顔を作ることができるので、愛着がわきます。

こちらも自分でモップを外して綺麗にする必要がありますが、可愛い掃除機がほしい方におすすめです。

レビュー
格安でありながら、他のロボット掃除機(3万、4万のやつ)よりいい点は、何よりも小ささ 持ち運び、収納にも場所を取らず、コンパクト そして、その小ささで、細かい所、隙間などにもらくらく入っていく 動きはたまに自分で方向転換するか、壁にぶつかるかで変わる だが、狭い所に入ると、中々、抜け出せなくなる事もあるので注意 他には、電池駆動な所だ 他のロボット掃除機は、専用のバッテリーを注文する必要が出てくるが、これは、市販の電池を買えば済む そこが一番いい モップも、使い捨て出は無く、整備すれば繰り返し使える しかし、それでも、モップは2つ付けて欲しかった
出典:amazon.jp




5位 CCP 自動モップ【mofa モーファ】 プードルベージュ ZZ-MR2-BE (5945円)

タイプ モップタイプ
衝突防止機能
高さ 8cm
重さ 500g
自動帰還機能 -
特徴 -

こちらもモップ機能だけの安価なタイプです。

6位のものと同じメーカーになりますが、バッテリー式に運転時間約30分の比較的長めな掃除時間で、少し使い勝手がよくなっています。

基本性能はほぼ変わりませんが、より綺麗にしてくれるのはこちらな気がします。

レビュー
見た目も動きもとても可愛らしいです。ひとりぐらしにぴったりです。
出典:amazon.jp


4位 Dibea ロボット掃除機 D960 (ブラック) (19800円)

タイプ 水拭き、吸引
衝突防止機能
高さ 7.5cm
重さ 3.5kg
自動帰還機能
特徴 -

水拭きと普通の吸引機能がついた、高機能タイプです。

D字形の特殊設計で、部屋の隅や角もしっかり掃除してくれます。

ほこりを吸引しながら、水拭きが出来るので、これ1台でフローリングはピカピカです。

もちろん自動充電、予約設定、リモコン操作もできて、ロボット掃除機としては使い勝手が良いです。

予約設定で、一度掃除する日時を設定しておけば、週単位で買ってに掃除をしてくれて、掃除に時間がさけない忙しい人にぴったりです。


レビュー
赤ちゃんがいるので清潔感を保ちたいので購入しました。
リビングに赤ちゃん用のクッションが1センチ程の厚みがあるので、そこの部分が掃除機ができないかなと思いましたが、結果大丈夫でした。
タイヤの高さが意外にあるにで乗り越えて綺麗にしてくれています。 子供も物珍しそうに見て喜んでいました。
長く使えるように丁寧に使いたいです。 デザインもシンプルでカッコ良いです。大変満足です。
出典:amazon.jp


3位 ILIFE V8s ロボット掃除機 強力清掃 (29900円)

タイプ 水拭き、吸引
衝突防止機能
高さ 15cm
重さ 5kg
自動帰還機能
特徴 -


こちらも水拭き、吸引両方対応しているロボット掃除機です。

もちろん落下防止、衝突防止を備えており、段差も10mm程まで対応しているので、ラグやカーペットも乗り越えてくれることが多いです。

予約機能もついているので、一度設定すれば毎週自動で掃除をしてくれます。


レビュー
六年前のルンバ571から買い換えました。
年月の経過による進歩があるのだとは思いますが、ルンバ571より部屋が綺麗になります。
ブラシもないためメンテナンスが楽です。溜まったゴミはパカッと開けてゴミ箱へ捨てるだけ。水拭きの布も洗濯機に入れるだけで済みます。
値段が安いので、ルンバ未満だろうという思い込みで価格優先で購入しましたが、良い意味で期待を裏切られ、本当に買って良かったです。
メーカーさんに感謝です。
出典:amazon.jp

2位 アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380j (34800円)

タイプ 水拭き、乾拭き
衝突防止機能
高さ 7.9cm
重さ 1.8kg
自動帰還機能 -
特徴 -

ルンバを生産しているiRobotが出している床拭き専用ロボット掃除機です。

乾拭き、水拭き両方対応しており、使い勝手が良いです。

吸引がないので、静穏性が高いです。

フローリングからタイル、クッションフロアまで綺麗に掃除をしてくれます。

レビュー
ルンバと兼用で使ってます。

うちは床が殆どフローリングなので、ルンバより重宝しています。
音が殆どしないので、家に居ながら使っても気にならないのが、素晴らしい。

ルンバに比べて空間把握能力に劣るとか言われたりしますが、使ってる限りは、大きな違いは感じなかったです。
出典:amazon.jp


1位 Dibea D850 ロボット掃除機【自動充電/水拭き/静音&強力吸引/4つの清掃モード/リモコンと充電台付属】(ホワイト) (16800円)

タイプ 水拭き、吸引
衝突防止機能
高さ 7.5cm
重さ 2.9kg
自動帰還機能
特徴 -


Amazon人気ランキング第1位の商品です。

自動掃除、スポット掃除、エッジ掃除、予約掃除という四つの掃除モードがあります。しかも、モップと水タンクを取り付けたら、床を掃除しながら、水拭きできます。

段差にも比較的強く、大型のホイールを使っているため、13mmまでの段差を乗り越えることが出来ます。

また、一般的にロボット掃除機はカーペット掃除が苦手ですが、こちらはVカットといブラシ形状で、カーペットでもごみを掻き出せるよう、工夫が凝らされています。

水拭きからカーペット掃除まで、これ1台を買えばある程度カバーでき、その上値段も高くなく、コスパ抜群の商品です。


レビュー
ロボット掃除機。ずっと検討していていろいろ探していましたが、
どうせなら水拭きもできるものがいいと思いこちらを購入しました。
本体はD型になっており、色はホワイトでとてもスタイリッシュです。
タイヤが結構大きく?マット類も乗り越えられるので力強いです。
水拭きは専用の雑巾が必要ですが、
使用したあとに水洗いし洗濯すれば何度でも使用できますし、
コスパはとてもいいと思います。
水拭きのタンクは小さめですが、なくなればまた水を入れればいいだけなので、とても経済的です。
最初にフィルター1つ、ブラシ2つ、雑巾1つが予備として
ついていましたが、付属品だけでも販売されていたので、
そちらも購入しておこうかなと思いました!
掃除機をかけたあとなのにごっそりほこりがとれていましたし、
フローリングに雑巾がけするとやはりとても気持ちがいいです。
本当に買ってよかったです!
出典:amazon.jp



以上になります。
ロボット掃除機の選び方の参考になれば幸いです。