RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

【おすすめビジネスバッグ】1~2万円で買える使いやすくてスタンダードなビジネスバッグ5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いよいよ新しい年を迎え新社会人になる方や新しい配属先に行かれる方、あるいは年の変わり目と言った理由でビジネスバッグを新調される方も多いのではないでしょうか。

今回ビジネスバッグのうち、一番スタンダードなブリーフケースタイプ(2WAY~3WAYになるA4サイズのビジネスバッグ)に絞って、更にお買い求めしやすい価格帯である1~2万円クラスのビジネスバッグをご紹介します。



ビジネスバッグの選び方

ビジネスバッグは、文字通りビジネスシーンで使われるバッグ全般のことを指します。ビジネスバッグと言うと、実は様々な種類があります。
ビジネス用リュック、トートバッグ、アタッシュケース、ダレスバッグ、そしてブリーフケースです。

リュックだと何となく電車通勤に不便ですし、学生みたいな印象を受けます。
トートバッグだとラフすぎますし、アタッシュケースだと仰々しすぎます。
ダレスバッグは、逆にフォーマル過ぎて使いにくい(昔のお医者さんカバンのようなバッグ)ですし、最低価格でもかなり高めです。

そう言った意味で一番無難でいろいろな場面に対応できるのがブリーフケースなのです。

ブリーフケースを選ぶ際に着目する点ですが、機能面で充実しているか、撥水性はあるか、本革か合成皮革か(といった素材)、オシャレか等です。
最終的には好み(や値段)の問題になりますので、自分が求めているものをハッキリさせておけば選びやすいです。


おすすめのビジネスバッグ

MANHATTAN PASSAGE(マンハッタンパッセージ) #3280 スカイオフィス プラス2

MANHATTAN PASSAGE(マンハッタンパッセージ)
名前からアメリカのブランドを彷彿(ほうふつ)とさせますが、実は日本のブランドです。
1974年に日本で誕生しビジネス向けの製品を数多く製造しているメーカーで、ドラマ「踊る大捜査線」でも使用された日本のビジネスバッグにおける有名ブランドの一つになります。

メイン素材はナイロンですが、取っ手の部分に牛革を使用し、たくさんのポケットや小物落下防止メッシュガセットなど日本ブランドらしいきめ細かい工夫が随所にみられる製品です。

それに値段もお手頃でデザインも無難ですから、そういった意味で一番最初におすすめできるバッグとして紹介しました。

SAMSONITE(サムソナイト)ビジネスバッグ サターラ ブリーフケースS

サムソナイトは、アメリカのバッグブランドです。ビジネスバッグ以外にも旅行用のスーツケースにも高い評価を得ており、高品質な製品展開を行っています。
しかし、一番の特徴は多国籍企業としての側面です。
拠点をイギリスのロンドンに置いているものの、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに地域本社を持ち、各地で独自の経営を行うことによって地域の実情に合った商品展開を行っています。
また、東京証券取引所一部よりも上場が厳しいと言われている香港証券取引所にもこのサムソナイトは上場を果たしており、企業としての信用が非常に高いブランドです。

製品自体もシンプルながら非常に質が高く、PCの収納にも適しており、旅行用の鞄で培った技術が還元され通勤や営業などの移動にも適したデザインや堅牢性を兼ね備えています。

海外ブランドのビジネスバッグで無難なブランドと言えばこのメーカーのものと言っても差し支えがない位の優等生ですが、遊び心など他の要素を加味すると、真面目過ぎるバッグと言う印象を受けるかもしれません(仕事用には、むしろその方が良いのですが)。

PORTER(ポーター) CLIP ブリーフケース

ポーターは日本の吉田かばんのブランドです。
吉田かばんは一針入魂と言うモットーで高い縫製技術を誇り、他の日本メーカーの多くが海外での生産を委託する中、頑なに日本製を守っており、この製品もmade in Japanです。

ビジネスバッグながら、それでいてプライベートでも使えるデザインというのも特徴ですが、実用的な収納スペースが充実しており使い勝手も優れています。

HAMILTON(ハミルトン)ビジネスバッグ ブリーフケース

ハミルトンはアメリカのブランドで、現在はスイスの高級ブランドであるスウォッチの傘下にあります。
もともと時計ブランドのビジネスバッグなのですが、デザインがやや砕けており、ヘリンボーン模様の織り方でトートバッグの要素を感じるようなデザインは、堅苦しいバッグが嫌でも一応の体裁を整えたいという方におすすめです。

EVERWIN(エバウィン)ビジネスバッグ

日本の鞄メーカー、山一インターナショナルが展開するブランドがエバウィンです。
良質な商品を「適切な価格設定」によって永くご使用頂けるモノづくり、をモットーにした製品作りは、吉田かばんのように日本製にこだわった製品展開を行っています。

ややカジュアルなデザインですが、ハンドル部分に牛革を使用し、生地もキャンバス地に撥水加工を施すなど実用性にもこだわった製品に仕上げています。

底鋲付きの自立可能な設計も使いやすく便利です。

最後に

これより上位の3万円クラスになると海外の有名ブランドの製品も数多く出てきますし、牛革などの高級素材を使用したものもたくさんあります。

しかし、機能性や実用性を考えると、この価格帯が一番コストパフォーマンスが高く、品質も保証されたものになってきますから、十分ビジネスシーンに耐えられるビジネスバッグです。

最後までお読みいただきありがとうございました。