RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

【おすすめの除湿機】部屋干し衣類も即乾燥!静かで軽い最強の人気除湿機5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20181219210753j:plain

加湿器は利用しているけど除湿機の必要性を感じられないと思っている方は意外と多いのではないでしょうか。
近年の除湿機は非常に優秀であり、年中通して利用できるほか衣類の乾燥にも利用ができます。
最近のものであれば1万円台から購入でき、リーズナブルな価格で利用することが可能です。興味のある方是非チェックしてみてください。

除湿機の選び方について

まず、除湿機のタイプについて説明します。
除湿機には以下の3つのタイプに分かれています。

「コンプレッサー方式」
「デシカント方式」
「ハイブリット方式」

です。

コンプレッサー方式

コンプレッサー方式について、その名のとおりコンプレッサーを利用した除湿機になっており大型のものに利用されるケースが多いです。
非常にパワフルで除湿能力が大きい事が特徴です。

デシカント方式

デシカント方式は、ゼオライトという吸湿剤を利用しており、コンパクトな機種に採用されています。
除湿能力は低いですが、静かで軽量、使いやすいところが特徴です。

ハイブリット方式

ハイブリット方式はコンプレッサー・デシカント方式両方の良い部分をとって作られている除湿機です。
コンプレッサーとゼオライトを状況に応じて使い分けることで、消費電力も抑えられ、機能的です。

ただその分大型になってしまうのがデメリットです。

除湿機は、部屋のタイプや消費電力に合わせて選ぶのがおすすめです。
たとえば、部屋が大きければコンプレッサー方式、部屋が省スペースならデシカント方式とケースバイケースで選ぶとよいでしょう。
ハイブリット方式は金額が高いケースが多いですが、費用対効果で安く済む場合があるので、除湿機をよく利用される方におすすめです。

おすすめの除湿機を紹介

では、おすすめの除湿機についていくつか紹介します。先ほど説明した、タイプ別で紹介しますのでお部屋の大きさに合わせて選んでみてください。

パナソニック製 F-YZR60

まず、おすすめしたい製品は、パナソニックのF-YZR60です。
デシカント方式の除湿機ですが、非常にスマートでおしゃれな除湿機になっています。
サイズは、19x36x46cmのタワータイプで、小さい部屋にはよく合い、形も非常にかわいらしいので、女性におすすめの製品です。

そして何といってもその機能性です。
除湿機能はもちろんのこと、音が静かで持ち運びも便利、衣類の乾燥にも向いている除湿機となっています。
洗濯を毎日の様にする家庭には特に嬉しい除湿機です。

だいたい14畳の部屋にあっている製品なので、部屋の大きさをみて買いましょう。

トヨトミ製 TD-Z80G

つづいて、おすすめなのはトヨトミのTD-Z80Gです。
このトヨトミ、巷では話題のメーカーであり非常に質の良い家電を作るとウワサになっている会社です。

今回の除湿機は非常に強力で本体は大きい除湿機なのですが、機能は抜群、なによりも1万円台というコスパの良さが売りです。

大体14畳ぐらいの部屋にマッチする製品であり、室内干しの衣類の乾燥にも役立つ代物。

デシカント方式なので音も静かです。おすすめなので是非チェックして下さい。

シャープ製 CV-G71

つづいて、シャープ製のCV-G71を紹介します。
コンプレッサー方式の除湿機であり、本体の価格は約2万円となっています。
サイズは30x20x48というサイズ感であり、大きいと感じる方もおられるはずです。

ですが、この除湿機、特徴はなんといってもプラズマクラスターです。
プラズマクラスターといえばシャープのおなじみの製品であり、消臭効果があるといわれている機能です。
このプラズマクラスターがあることにより、衣類乾燥の際に独特な生臭さを取り除くと話題になっています。

18畳まで除湿効果があり、非常にハイパワーな除湿機です。衣類の臭いが気になる方ぜひ購入してみてください。

私はプラズマクラスターという機能による効果は科学的に証明されているものではないので、あまり信じていません。
ただ、シャープの製品はつくりがしっかりしているし、アフターケア(相談センターみたいなもの)もしっかりっかりしているので信頼できます。

コロナ製 CD-S6318

つづいては、コロナ製のCD-S6318です。

コンプレッサー方式でありながらスリムで価格も1万5千円ほどのリーズナブルな商品になっています。
タワー型であり、操作もしやすくお年寄りの方でも利用できると評判の製品です。

また、特徴なのがタンクの量であり3Lまで可能なタンクとなっています。
水を捨てる回数が少なく、1日中稼働していても大丈夫です。

大体11畳ぐらいの部屋に利用できる除湿機となっています。

三菱電機製 MJ-P180NX

最後に紹介するのは三菱電機のMJ-P180NXです。
コンプレッサー方式の除湿機で価格は約3万円。少し高い除湿機ですが、機能性に優れ除湿のスピードに定評がある製品です。

冬場や梅雨の時期はもちろんのこと、浴槽でもパワフルに利用できると話題の除湿機です。

30畳ほどの大きな部屋でも対応でき、非常に有能な除湿機となっています。

最後に

いかがでしたでしょうか。除湿機について簡単に説明してみました。
最近はエアコンに除湿機能が付いているモノがありますが、本当に除湿をしたいのであれば除湿機を購入するべきです。
部屋の湿気が気になる方はぜひ購入検討して下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。