RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

【おすすめの金箔入り日本酒】正月にゆっくり飲もう!人気の金箔入りお酒5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20181219210921j:plain

年を取ると、「気付いたらお正月になった」みたいな会話が増えてきますね。
お正月と言えばめでたい気分を盛り上げるグッズをが必須ですよね。鏡餅やおせち、門松やしめ飾りも良いですが、お酒もめでたいものが欲しいところ。

おめでたいお酒と言えば「金箔入りの日本酒」です。

今回、一人でも何とかお正月中に飲める量である720mlのビンに絞っておすすめの金箔入り日本酒を紹介していきます。

おすすめの金箔入り日本酒

賀茂鶴酒造 大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴 720ml

賀茂鶴酒造は、広島県の東広島市で醸造業を営んでいる創業140年を超える老舗酒造メーカーです。なぜ、この製品を最初に持ってきたかと言うと金箔+日本酒を最初に発売した会社だからです。
昭和33年に賀茂鶴と言う当時から有名だったお酒に金箔を入れて発売したのがこの製品になります。

もともと品質の高いやや辛口の日本酒に金箔を散りばめた製品は、当初から高い評判を得ていて、日本のVIPも祝賀会などで採用するなどこのジャンルにおけるパイオニア的な存在です。

他にも180mlや一升瓶のバリエーションもありますから、雰囲気に合わせてチョイスするのも良いかもしれません。

白鶴酒造 白鶴 超特撰 典雅ゴールド 720ml

兵庫県神戸市東灘区に本社を置く、大手の酒造メーカーです。日本でも有数のお酒の名産地、灘を代表するメーカーでもあり、その代表銘柄が「白鶴」です。

その白鶴でも、日本酒専用のお米(酒造好適米)最高ブランドである山田錦と言う品種を100%使用し、深みのある味わいのお酒に仕上げた超特選仕様の白鶴をベースにしています。

多くの日本酒が味のバランスをとるために醸造アルコールと言うアルコールを添加しているのに対し、この白鶴は一切そういったものを使用せずに仕上げています。

ビンのデザインも美しく、お正月の豪華な食材が並ぶ食卓の中でも日陰にならないインパクトがありますから、置いておくだけでも絵になります。

ラベルも狩野派の2代目狩野元信により描かれた「四季花鳥図屏風(重要文化財)」をモチーフにしたという豪華仕様で、まさにお正月のためのお酒と言う印象です。

宝酒造 超特撰松竹梅 特別純米 純金箔入 720ml

松竹梅は、もともと白鶴と同じ神戸の灘のお酒でしたが、経営不振のため京都の伏見ある宝酒造が支援した経緯があります。そういう意味で宝酒造から販売されているのです。

ベースとなっている特別純米酒は、精米歩合60%(コメの40%を削ったお酒)まで磨き上げたものとなっており、低温でじっくり発酵させて作るなど、特別な日にふさわしい手の込んだ作り方になっています。

味わいは滑らかで芳醇、辛口なのでさっぱりしています。
そこにたくさんの金箔がちりばめられており、非常にきれいなお酒になっているのが特徴です。

こちらも醸造アルコールを使わず米だけで仕上げています。

盛田 ねのひ 上撰 純金箔入 720ml

盛田は、愛知県の酒造メーカーで実に350年もの伝統を誇る老舗酒造メーカーです。ソニーの創業者の一人である盛田昭夫の実家で、創業期のソニーの経営を助けていました。

そんな盛田の代表的な銘柄が「ねのひ」です。名古屋大学農学部・あいち産業科学技術総合センターとの共同開発桜酵母「名大桜酵母」を使用した産学共同の酵母を使用し、愛知県の代表的な酒造好適米である若水(わかみず)を使用した地元に根差したお酒になります。

味わいは、やや辛口でワインを思わせるような雰囲気の日本酒となっており、お正月向けの味わいと言えます(ベースのねのひは、2014年4月にモンドセレクション金賞を受賞)。

宝酒造 澪GOLD スパークリング清酒 750ml

厳密には他の4つと違う性格の製品になりますが、スパークリングの日本酒としてヒットした「澪(みお)」の金箔入りバージョンです。
アルコール度数も5%と低く(通常日本酒は15~16%前後)、ビール並みの度数となっていて、更にスパークリングとして炭酸も入っているので、お正月の濃い味の料理をすっきりと洗い流してくれます。

味わいはほのかな甘みと程よい酸味で、女性や若者に好まれる味わいです。
伝統的な日本酒も良いですが、こういったスタイルの金箔入りも良いのではないでしょうか。

沢の鶴 1996年 古酒仕込み梅酒[金箔入] 720ml

名だたる有名醸造メーカーの一つ、沢の鶴の製品です。

他の製品と全く異なるジャンルの製品に見えますが、和歌山の南高梅を有名な日本酒銘柄の「沢の鶴」で漬けて、20年以上熟成させた製品です。
さらに金箔も入っており、プレミアム感が非常に高い製品となっているのが特徴です。お正月に日本酒もいいですが、梅酒もおすすめです。

最後に

様々な金箔入りの日本酒を紹介してきましたが、各酒造メーカーともベースとなる日本酒を通常銘柄よりもグレードアップさせている場合がほとんどなので、見かけだけでなく味わいも普段の銘柄とは違った印象の物が多いです。
地酒を探せばもっとありますが、今回は通販で簡単に手に入るものを中心に選びました。
もし掘り出し物を見つけたいのであれば地元の酒蔵に行ってみるなどすると通な日本酒に出会えるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。