RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

【おすすめ漫画】落ち込んだときに元気が出る漫画5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20181202193248p:plain

誰にでも落ち込んだ時、笑顔になれない時、分かっていてもどうしても元気を出せない時…そんな時ありますよね。そういう時は無理をせず漫画の力を借りましょう。
今回元気が出る漫画を選んだ基準は次の4点に絞って選んでみました。

ストーリーが分かりやすい事。
絵が綺麗または見やすく丁寧な事。
色々なタイプのキャラクターが居る事。
ギャグが随所に入っていて読み易い事。





ドラえもん 藤子・F・不二雄 小学館コロコロ文庫

言わずと知れた国民的超有名漫画です。

ストーリーは子供向けなので分かりやすく

のび太君が問題、愚痴、泣き言をドラえもんに訴える
ドラえもんがそれを解決する為の秘密道具を渡す
のび太君が道具を使い、調子に乗る
最後は上手く行かない
この展開が基本です。

見所はまずドラえもんの秘密道具ですよね。
どれもこれもあったらいいなぁ~という願望が叶えられる魅力ある物ばかり。

次にのび太君への共感の強さ。のび太君は特に幼少に見るとあまりの情けなさに嫌いな人が多いと思いますが、大人になるにつれ言い分がとても頷ける内容ばかりです。

あとは子供世界や現実の残酷さ、問題提起、人情話がしっかりされている事。悪役ジャイアンやスネ夫達の毎日のようにある苛めや最後には失敗の多い結末はとても現実的なストーリーです。

しかしなんといっても最大の魅力はドラえもんの存在でしょう。
話を聞いてくれて励まし力になってくれる、一緒に遊んでくれる親友のような、時にはお説教諭したり突き放したりする親やお兄ちゃんのような、いつも正しい訳じゃない時にはハチャメチャなドラえもんが居てくれるのび太君が心底羨ましいです。

下手な問題提起の本よりドラえもんを強くお勧めします。大切な事を沢山教えてくれて元気になれますよ。

月刊少女野崎くん 椿いずみ スクウェア・エニックス

武骨な男子高校生野崎君は実は少女漫画家だったという内容の4コマギャグ漫画で10巻発売中ですが、未だに勢いが衰えない凄い作品です。(2018年11月現在)

とにかく数多く登場するお馬鹿(笑)キャラクターが凄く魅力です。
各キャラクターが他キャラクターへ沢山の勘違いをし(その勘違い内容がぶっ飛んでいて面白い!)そこからまた新たなストーリーや伏線がどんどん生まれるし、全く飽きが来ずこれだけ沢山のキャラクターが居て嫌なキャラが居ないのも凄いです。

絵も丁寧で見やすく、コミックには描き下ろし漫画ありでおすすめですよ。

鬼灯の冷徹 江口夏美 モーニング

閻魔大王の第一補佐官「鬼灯」が主人公の地獄が舞台のブラックコメディ漫画です。
地獄と言う架空の世界が舞台ですが、時事ネタや世相ネタが随所にあるのでかなり共感できます。

ワーカホリックの鬼灯ですが、仕事には真摯真面目なので好感が持てる上に厳しいながらも主義主張は頷ける事が多く、現実に居たらなぁと思えるほどの主人公です。

色々なタイプのキャラクター達(真面目なタイプ、自由奔放なタイプ、女好き等)には生きる上でとても励まされます。
人間以外にも動物キャラクターにも色々なタイプが登場するので人間関係に疲れ切った時に読むと、動物達の可愛らしさ、自由さにとても励まされますよ。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 船津伸平 週刊マガジン

本家金田一少年の事件簿の犯人サイドのスピンオフ…といっても100%ギャグです。

本家ではシリアスな事件の裏では犯人達はこんな苦悶を抱き大変な努力をしていたという描写ですが、こんな事をいってはいけないんですが犯人達を凄く応援してしまいます。
復讐と言う大きな目標の為に大変な事前努力をしたり、予期せぬ展開にたった一人で(共犯の場合を除く)対処しなくてはいけなかったり。

事件を除けばリアルでどれもこれも共感できるんですよね。
とどめは最大の邪魔者(笑)探偵役金田一少年が邪魔したり、公開処刑したり…。

犯人には同情せずにはいられませんが、間違った目的だとしてもそれを遂げる為に一心に努力し、調子良かったりいい展開になるとちょっと有頂天になり自画自賛になったり、上手く行かないとへこんだりする犯人達はとても人間臭く、親しみが持てると思います。

シャーマンキング 武井宏之 週刊少年ジャンプ

中学生「麻倉葉」は見習いシャーマン。

主人公がとってもゆるゆるで非熱血、好きな音楽を聴ければそれでいいというタイプなので好感が持てます。

愛蔵版で27巻と言う長期連載ですが、途中中だるみが多少あるものの【心】をテーマに最後まで目が離せません。

見所は麻倉葉と許嫁アンナの出会いと最終決戦です。
麻倉葉とアンナの出会いではお互い人付き合いが苦手、というよりアンナは人を憎んで頑なですがそれを少しずつ解いていく葉君とのやりとりにはほっとしますし、初登場の猫の持ち霊マタムネの言葉はしみじみ来ます。

また最終決戦ではハオを倒すのではなくもっと大事な事で決着をつけるという、シャーマンキングの作品に相応しいとても優しい結末を見る事が出来ます。

独特のギャグも入るのでシリアスとギャグのバランスもいいので、疲れた時に是非お勧めの作品ですよ。

最後に

元気が出る漫画5選、思いついた作品をあげましたがいかがでしたでしょうか。何かお気に入りの作品が出来ましたら嬉しいです。
この他にも読んだら元気を出る沢山の漫画があるので是非皆さんの手で発掘してみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。