RENKA!

生活に役立つお得情報を発信します。

社用車の再リースとリースバックについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「車のスピードメーター車のスピードメーター」のフリー写真素材を拡大

 

 

先日社用車のリース更新をしました。

再リースにも関わらず、リース料金の値上がりを経験しましたので、

社用車を管理している皆さまは気を付けてください。

本日は再リースにも関わらずリース料が値上がりするからくりを説明します。

 

 

 

 

 

リースバックとは

 

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20170907004523p:plain

 リースバックは所有している車両をリース会社が買い取りそのままリースとして利用するシステムです。
その買取価格、残りの利用期間などを基礎としたリース料で、リース契約をします。リースバックシステムを利用すれば使用している車両を一斉にリースに切り替えられるため、カーリースのメリットを最大限に活かすことができます。

リースバック後も現在使用中の車両をそのまま利用することができます。

 

 

 

リースバックのメリット

 

 車両の管理業務を大幅に削減できます。

車検・点検にかかるコスト管理や書類の発行、期日管理などをリース会社が代行するため、管理業務から解放されます。

 

経理、売却額は発生しません。

 

 

 再リースのコストについて

 

リースバック期間が終わり、再リースをする際、リース料を選定する基準が変わり、リース料金が上がる場合があります。

リースバック時は所有していた際の簿価額を車両コストとし、リース料を算出します。

再リースの車両コスト算出方法はリース終了時の残価設定をもとに算出されます。

予想残価分リース料金が低く設定されます。

その為、年月が経つごとに車両の価値は下がっていくため、再リースの更新をすると予想残価設定が低くなり、リース料金が上がってしまいます。

計算式としてはこうなります。

 

リースバック時のリース料の計算方法

現在所有している車両の簿価額+車検などの管理諸経費=リース料金

 

再リース時のリース料の計算方法

(車両価格-リース満了時の予想残価)+車検などの管理諸経費=リース料金

 

 また、予想残価は各リース会社独自の基準で設定されます。

その為、予想残価は開示されません。

 

上記の理由から、同じ車両をリースし続けるかぎり、リース料金は上がっていく傾向にあるのです。

古い車を高くリースするのは。。。

ということで、車のリースというのは、リース更新の際にどんどん新車へ変えていくほうがお得になる契約のようです。

分かりづらい車のリース契約と、再リースのコストアップについてでした。