RENKA!
生活に役立つお得情報を紹介します

小型マウスのおすすめ人気ランキング 【小さくて持ち運びに便利・使いやすい】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530225809j:plain


パソコンやタブレットを持ち運ぶ人は多いと思います。

そこで、以外にかさばるのがマウスやキーボードなどの周辺機器です。

周辺機器をコンパクトにすれば、持ち運ぶもぐんと楽になります。

しかし、入力機器が小さくなると、使い勝手が犠牲になるのも事実です。



今回は、マイクロソフト・ロジクール・バッファロー・エレコム・サンワサプライ・ナカバヤシ・マック・レノボなどの有名メーカーの中から、

なるべく使いやすいコンパクトマウスを紹介いたします。

同時に、マウスの選び方も紹介しますので参考にしてください。



コンパクトマウスの選び方

まずは基本的なマウスの選び方から紹介します。



接続方法の違い

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530233625p:plain
出典;BUFFALO

小型のマウスにはUSBケーブルでつなぐ有線のタイプとケーブルを使わない無線で接続できるタイプがあります。

無線の方が便利で良いじゃないかと思われると思いますが、有線タイプにもメリットは実はあります。

なんといっても充電が必要ないことです。

有線でつなげているため、電源をパソコンから供給することができますので、充電切れや電池切れで使えないという煩わしさがありません。

今は巻き取り式のケーブルなどもありますので、ケーブルがあっても持ち運びに大きく影響ありませんので、使い勝手で選びましょう。



ワイヤレスタイプの接続方法には2種類の方法があります。
f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530233915p:plain
出典;BUFFALO


・パソコンにUSBレシーバーを取り付けて使用する「USBレシーバー式」

・スマホやタブレットなどでよく使う「Bluetooth方式」


ケーブルいらずで使いやすいですが、充電が必要になります。



ボタン数で選ぶ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530234258p:plain
出典;BUFFALO

通常の小型マウスでは、コンパクト設計の為、2ボタンとホイールのついているタイプが主流ですが、コンパクトながら戻るや進むなどの機能を割り当てられるボタンが追加されているものも多く出ています。

操作性が良いので、ボタン数を参考に選ぶこともできます。




読み取り方式で選ぶ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530235110p:plain
出典;BUFFALO

昔はホイールタイプが多かったですが、現在ではほとんどLEDを使ったものが多いです。

持ち運びの多い小型マウスでは、外出先での使用が多い為、使用する面の材質などがその時によって変わります。

使う場所が多岐に渡る人程性能の良い読み取り方式をおすすめします。

読み取り方式は下記3種類があります。上から順に読み取りの精度が高いです。


どんな場所でも読み取れる「レーザー式」
f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530235141p:plain
出典;BUFFALO

多少の凹凸があったり、光沢があるテーブルでも使用することが出来ます。
しかし、すべてのマウスに言えることですが、ガラス面では使用しづらいです。
能力が高い分、価格は高いですが、どこでもストレスフリーで使用できます。



精度も高くて価格も安い「ブルーLED式」
f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530235203p:plain
出典;BUFFALO

こちらも認識精度の高いLEDです。
布や光沢などでもきびきび動き、価格もレーザー程高くないので、こちらがコスパが良くおすすめです。



電池長持ち「IR LED式」
f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530235256p:plain
出典;BUFFALO

読み取り制度はあまりよくなく、レッドLED方式と変わりませんが、省電力で充電が長持ちします。
電池が持つため外出先で使う事の多いコンパクトマウスと相性が良いです。



価格が安い「レッドLED式」
f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180530235315p:plain
出典;BUFFALO

安いマウスに搭載されている事が多いLEDです。
光沢のある面や、模様がある面などで上手く動かない事があります。
マウスパッドをひいて使うことをお勧めします。
安価なため、価格重視の方にはおすすめです。







小型マウスのおすすめ人気ランキング

第1位 Lenovo Dual Mode WL Bluetooth Touch Mouse N700, Black (6500円~)

接続方法  bluetooth
電源  -
読み取り方式  BlueLED
分解能  -
重さ  -
プラス機能  -


私が今、とってもほしいのがこちらです。

日本では発売されていませんが、並行輸入品としてアマゾンや楽天などで購入できます。

マウスとレーザーポインタが合体したコンパクトなマウスです。

通常レーザーポインターにマウスの機能がついたプレゼン用のものは日本でも発売されていますが、マウスとして通常使用するものに、レーザーポインタが付いたものとなっています。

見た目もスタイリッシュで簡単なレーザー付きなので、ビジネス使いでちょっとレーザーがほしいタイミングで重宝します。

値がはりますが、人と違うものを持ちたい人、見た目、使い勝手が良くてこのようなコンセプトのものを探していた方にはぜひおすすめです。

レビュー
主としてモバイル用途(社内での会議室移動を含む)のために購入しました。
・薄型形状、ドングル内蔵可能で持ち運びに便利なこと
・レーザーポインター付き、プレゼンモード付きでプロジェクションを見ながらの会議やプレゼンテーションで役立つこと
・Bluetoothだけでなく2.4GHzにも対応していてほとんど全てのマシンと組み合わせられること
・マウスとして普通に使えること
がポイントでした。
ポインター機能付きマウスが欲しくていろいろ探したのですが、意外とこのコンセプトの製品は少ないんですよね。これは上記の特徴から、私の希望にピタリでした。デザインもいいし、機能も必要十分に揃って、マウスモードとレーザポインタモードの間の切り替えも「くの字形状と平板形状」と実に直観的で間違えようがない。よく考えられている製品です。満足度の高い、いい買い物になりました。
マウスとしてもなかなか使いやすいと思います。手の形にピタリという形状ではありませんが、私の場合は仕事場デスクでの日常作業用ではなく、出先でのちょっとした編集や閲覧に使うことが目的なので、これで十分に実用的です。
出典:amazon.jp


第2位 マイクロソフト マウス Bluetooth対応/薄型/小型 Arc Mouse ELG-00007 (8380円)

接続方法  bluetooth
電源  充電式
読み取り方式  BlueLED
分解能  1,000 dpi
重さ  82.5g (電池を含む)
プラス機能  タッチパネル



持ち運びはフラット形状で、使う際には折り曲げて立体的に使用できます。

フラット形状で電源OFF、折り曲げて電源ONの為、電源の切り忘れなども防げる仕様です。

ホイール部分もタッチパッドになっており、慣れが必要ですが操作性も申し分ないです。

タッチパッドですが物理的なクリック感も持っているので、しっかり使えます。

マウスにしては少し高いですが、こだわりたい方におすすめです。


レビュー
出張・外出が多いため、カバンに入れて嵩張らないマウスを探していました。
ノートPCもSurface Pro3に変えたため、同時に
マウスも、このArc Touchへ変更。
使った感想としては、外出先で使用するには、大満足。
ホイールの代わりの、タッチストリップは思っていた以上に使いやすく驚きです。
そして、やはり携帯性は抜群で、未使用時にフラットなるのは素晴らしいと思います。
会社の自席で使用するのには、他のマウスを使用しておりますが
今回の購入は、外出先での利用・携帯性を優先しましたので☆はもちろん5です。
出典:amazon.jp



第3位 Haree ワイヤレスマウス 無線マウス 2.4Ghz ブラック (約1850円)

接続方法  USBレシーバー式
電源  充電式
読み取り方式  BlueLED
分解能  -
重さ  82.5g (電池を含む)
プラス機能  タッチパネル


上記で紹介したArc Mouseの廉価品です。

基本的には同じになりますので、一度こちらの安いもので使い勝手を試してみて、Arc Mouseを購入検討するというのもありだと思います。

逆にこちらで十分だったらそのまま使い続けても良いと思います。

しかし、やはり廉価品なので、ものによってはスクロールがしづらかったり、ポインタが上手く動かなかったりと当たり外れも少なからずあります。


レビュー
写真を見て形が気に入ったのでノートパソコン用に購入しました。
始めに商品が届いた時に箱の小ささに驚きました。
持つ所を折り曲げる事で電源が入ります。
ポインターの感度が非常に良く
服の上であろうがソファーの上であろうがどこでも反応します。
スクロールはローラータイプではない為少しコツが必要です。
自分は指先で撫でる様な感覚で使用しています。
デザイン、性能と値段を比較すると充分オススメ出来る商品です。
出典:amazon.jp



第4位 エレコム(ELECOM) ワイヤレスマウス 3ボタン チルトホイール M-FBG3DB (1899円)

接続方法  USBレシーバー式
電源  電池式
読み取り方式  BlueLED
分解能  1600dpi
重さ  36.3 g(電池含まず)
プラス機能  エコボタン


掌に収まるくらいのサイズ感の3ボタンのマウスです。
3ボタンですが、チルトホイールを採用していて、ホイールを横に傾ける事で横スクロールが出来ます。
電源ON/OFFボタンが上についていて、簡単にオンオフが出来て省エネです。
モバイルの使用に快適なマウスです。

レビュー
出張用に小型軽量のBluetoothマウスを使っていましたが、Bluetoothだと時々接続が切れたり反応が悪くなったりするので、通常のワイヤレスマウスに買い換えました。接続問題なく、スイッチもわかりやすいところにあるのでON/OFF忘れず、電池駆動なので出先ですぐに補充でき、大変便利です。
出典:amazon.jp


第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) リングマウス MA-RING-WW (4980円)

接続方法  USBレシーバー式
電源  充電式
読み取り方式  IRセンサー方式
分解能  2000・1500・1000・500カウント/インチ
重さ  9.07 g
プラス機能  -


変わり種の指輪型マウスになります。
テーブルスペースが必要なく、親指でドラッグをします。
立ったままのプレゼンや、寝っ転がって使うベッドでの使用などにも活用できて、慣れたら使いやすいです。



レビュー
ボタン操作を覚えたら非常に使い易い。外出先でとても活躍しています。
出典:amazon.jp



第6位 エレコム(ELECOM) CAPCLIP M-CC2BRS (1999円)

接続方法  bluetooth
電源  充電式
読み取り方式  IRセンサー方式
分解能  1200dpi
重さ  99.8 g
プラス機能  -


キャップを着脱することで、持ち運びのサイズは半分に、使うときは2倍の大きさにして使用することができます。
キャップをマウントすることで約Sサイズと同じくらいの操作性です。
また、キャップにクリップが付いていて、ポケットやパソコンなどさまざまな場所にに挟むことができ、持ち運びに便利です

レビュー
目から鱗でした。
こんな小さいのにちゃんとマウスしてくれます。
11インチの小型ノートPCなのにマウスとかを考えるとそれだけ荷物になってしまって
仕方なくPCのタッチパットで操作してましたが、このサイズならあまり気にせず持ち運びが可能で
コードレス+USB充電可能なタイプなので嵩張らず使い勝手抜群です。
薄い100均のマウスパッドでもあれば問題なく使え、どこでもPCを広げられると思います。
出典:amazon.jp



第7位 エレコム(ELECOM) EGG MOUSE FREE M-EG30BR(1980円)

接続方法  bluetooth
電源  充電式
読み取り方式  IRセンサー方式
分解能  1800dpi
重さ  30 g
プラス機能  -


特筆すべきはその軽さです。
ミニ四駆の肉抜きのような構造になっており、たまごよりも軽くなっています。
強度もちゃんとあり、簡単に壊れるかというとそうでもありません。
見た目も可愛く、カラーバリエーションもあるのでデザインを気に入った方はぜひ!
反面、省スペースは特に工夫されていないので、少しかさばります。

レビュー
デザインに一目惚れして購入しました。
すでに他のレビューでも書かれていますがサイズが小さめなので、手の大きい人には使いづらいかもしれません。
クリック感もそんなに気になりませんがホイールが少し押しづらい感じがしますが使用している内に慣れます。
しかしそれを補って余りある軽さとデザイン性です。
話しのネタにもなるので非常に満足しています。
出典:amazon.jp




第8位 サンワダイレクト 巻き取りケーブル 400-MA075BK(1950円)


接続方法  有線
電源  -
読み取り方式  BlueLED
分解能  1480dpi
重さ  56 g
プラス機能  -


有線が使いたい方に朗報です。

マウスに線が内臓されていて、使いたいときだけ引っ張り出すことが出来ます。

こちらでしたら持ち運びはワイヤレスマウスと変わらず、使うときだけ有線で使用できます。

レビュー
Logiの高いマウスばっかり使ってて満足していたけども、USB3.0HUBでうまいこと動作しなかったり、
レーザーとはいえ動きが悪いことが多かったのですが、このマウスにしてからは、そういったことが全くなくなりました。
また有線であるため、無線が混線するような場所でも大変スムーズに動作してイライラしなくなりました。
もちろん高価なマウスのような高速スクロール機能やスクロールホイールの左右に傾けるボタンはありませんが、
マウス本来の機能であるポインタが常にスムーズに動作するのは本当に助かっています。
あとコードが細くてコードにひっぱられる感覚がないのも地味に良いです。
巻き取る機能の副産物ですが、こいつはいい。
出典:amazon.jp







いかがでしたでしょうか。
持ち運び用のマウスは何と言っても携帯性と操作性をどこまで追求できたかで変わります。
今回紹介したものはどれも使いやすいものなので、ぜひ一度ためしてみてください。