RENKA!
生活に役立つお得情報を紹介します

車に使うGPSレーダー探知機のおすすめランキング【ドラレコと一緒に】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180401002436j:plain

セルスター・コムテック・ユピテルなど有名メーカーからつぎつぎ発売されているレーダー探知機ですが、

色々な機能がついていて、なかなか選ぶ事が難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、車に乗る方なら、オービスやネズミ取りに合わずに運転をしたいと思うはず。

そんな時に、レーダー探知機があれば、探知機が察知して警告を発してくれるので、安心です。

この記事では個人的におすすめなレーダー探知機、口コミが良いもの、人気のものを紹介していきます。


レーダー探知機とは



自動車に後から搭載する、オービス(速度取締機)や覆面パトカー察知して教えてくれる探知機です。

GPS機能や無線受信などのセンサーがついていて、レーダー波・重点地域・速度超過や車の傾きなどをGPSと連動して警告してくれます。

ドラレコと同様に安全の為の装置としてつくられましたが、主な使い方としてはオービス(自動速度違反取締装置)の位置やパトカーの接近、検問の実施などを検知するのが目的で搭載する人が多いです。

違法なものではなく、使用するのは何ら問題ありません。

同じような製品のドラレコはだいぶ普及し、一般的なものになりましたが、その次にじわじわ普及しているのがこのレーダ探知機です。

様々な価格帯の物が発売されていますが、1万円以上のモデルになると情報の精度に差はほとんどないと言えます。

しかし探知方法やインターフェースに差がありますので、その種類を紹介します。





レーダー探知機のしくみ

オービス(速度取締機)や覆面パトカーは、速度を計測する際に、レーダーを対象の車に当てて計測します。

そのレーダーを察知して警告してくれるのがレーダー探知機になります。

しかし、速度を計測するときにレーダー波を発するのは旧式のオービスなどのタイプになり、最近はレーダー波を発しないオービス(ループコイル式・LHシステムなど)が増えてきています。

それでは、レーダー波を発しないタイプの物は気付ないのかというとそうではありません。「GPS機能」がその他のループコイル式・LHシステムなどのオービスでも、常時設置しているタイプのオービスに限り、反応します。

せっかく設置するのであれば、「GPS機能」がついたものがおすすめです。







レーダー探知機の取り付け方

レーダー探知機は、「ダッシュボード」の上か「サンバイザー」に取り付けます。

ほとんどの場合、サンバイザーにくっつけるようにして付けることができます。

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180401002530p:plain

製品の説明書にも取り付け方法が記載されているので、ほとんど問題はないと思いますが、

もし取り付け方がわからない場合、「(製品名) 取り付け方」とネット検索しましょう。

取り付けるのが難しくてわかりにくい製品の場合でも、本記事で紹介する有名なものであれば、ブログやYouTube動画などで取り付け方を解説しているものが見つかります。






レーダー探知機は価格が高いほど捕まらないは嘘!?


それでは、レーダー探知機は高いものほど捕まらないのかというと、捕まる時は捕まります。

正確に言うと1万円くらいのものと3万円以上のもの、数年前の型落ちのものと最新のもの、で捕まりやすさは変わらないのです。

その理由を、これから値段の違いとともに説明していきます。







価格の違い



値段の違いとしては、高級のものほど便利な機能が多いです。

しかし、機能が多いほど捕まりにくいかと言ったらそうではありません。

正直な話、GPSがついている機種であれば捕まりにくさは変わりません。

その理由としてレーダー探知機はシステムとしてはカーナビと似ていて、レーダー探知機はオービスなどの場所のデータを持っていて、GPSで車がオービスに近づくと警告されるように出来ています。

もう一つ、レーダー探知機の能力としては警察などが発するレーダー波を捕まえて警告するというものは現在警察も対策していて、ほとんど役に立たなくなってしまっています。

その他、高級レーダ探知機は
下記の機能が搭載されているものが多いです。

・Gセンサー&ジャイロセンサー
・Wi-Fiでのデータの自動更新
・ドライブレコーダー連動機能
・たくさんの電波が拾える18バンド受信
・公開取締情報・速度取締り指針

お守りとして上記機能も欲しい場合、あるに越したことはありませんので、高級品もおすすめできます。






レーダー探知機の選び方

メーカーごとの特徴

・セルスター
SDカードでスマホやPCから無料でGPSの最新データをダウンロード可能
GPSデータはまずまず

・コムテック
SDカードでスマホやPCから無料でGPSの最新データをダウンロード可能
GPSデータがちょっと弱い

・ユピテル
スマホや携帯電話で無線LANなどに接続することで、常に最新データに自動更新されます。更新費用は有料です。
GPSデータの良さが一番良い

機能の有無で選ぶ


・データ更新の方法

SDデータによる更新かWIFIなどの無線LANで出来るかによって違いがあります。
無線LANでできる機能がついているものは高くなります。

・Gセンサー・ジャイロセンサーがついているか

「Gセンサー」と「ジャイロセンサー」はトンネルなどのGPSがつかみにくい場所や、高低差のある一般道と高速道路の見極めに役立ちます。
しかし、トンネル内に取締機が設置されることはあまりなく、高速道路と一般道が並走している場合は、両方の取締機を警告してくれるので、なくても問題はないと思っています。


・受信可能バンド数

最低で5バンドから一番多いものでで18バンドがあります。

基本5バンドあれば必要十分と言えます。

5バンド以上になると、ヘリコプターの無線、消防車や救急車の無線など無関係なレーダーも受信してしまうので、必須ではありません。


おすすめレーダー探知機ランキング


それでは、上記の選び方や価格の違いを踏まえて、おすすめのレーダー探知機をランキング形式で紹介していきます。

機能の有無を表にしているので参考にしてください。






第7位 セルスター GPS内蔵 レーダー探知機CELLSTAR ASSURA(アシュラ) VA-810E (10890円)

POINT

セルスターの入門機、ベーシックな機能が揃っていて必要十分

メーカー  セルスター
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型
受信可能バンド数  5
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  ×
OBDⅡ  非対応


1万円となかなかに安く、最低限の機能はそろっている入門用に最適な製品です。

標準の設定ですぐ使えるようになっています。

しかし標準のモードだと線路や消防署などでいちいち喋ってしまうので設定で調整することをお勧めします。





レビュー
アップデートも簡単にできて、良かったです。
一点、音声ガイダンスにエコーがかかっているように聞こえる。
設定の仕方があるのかしらん?
出典;amazon.jp

レビュー
Wi-Fiもソーラー充電も不要(車に乗せるので12ボルトあるので)
更新無料が決め手です。
microSDで簡単でした。
出典;amazon.jp

第6位 セルスター(CELLSTAR)コンパクトボディタイプGPSレーダー探知機 VA-548R (14500円)


POINT

型落ちモデルだが、17バンド対応でこの値段は驚異!

メーカー  セルスター
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型
受信可能バンド数  17
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  非対応

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180331164341j:plain

結構古く、2013年発売の型落ちものですが、当時から人気が高く、今でも人気セラーです。

その理由として、入門機モデルとしてh珍しい17バンド対応と液晶がきれいで視認性が良かった為、未だにいちおしの製品です。

最新機種に比べると劣ってしまう部分もありますが、17バンド、Gセンサー付きでこの価格で買うにはこの商品です!


レビュー
GPS測定スピードは宣伝通り確実に瞬速になり、GPSも常時15~18機受信しており安心感が一段と増しました。自分はOBDII対応もフルマップ対応も不要なので、このクラスでこの値段はコストパフォーマンスが非常に高いと思いました。
出典;amazon.jp

レビュー
たいへん気に入ってます。初期設定のままで使っていますので、丁度良い頻度で知らせてくれます。友人は、レーター探知機は何にでも反応するので騒がしくうるさく、使っていないというので心配しましたが、至って静かで、しかし、大事なことは知らせてくれます。
出典;amazon.jp

第5位 【Amazon.co.jp限定】 セルスター レーダー探知機 VA-820EZ (11111円)

POINT

ベーシックプラスアルファな機能付きだが、Amazon限定の為コスパよし!

メーカー  セルスター
GPS情報の更新  無料
本体の形状  ミラー型
受信可能バンド数  5
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  対応

この価格でOBDⅡ対応な製品はなかなかありません。

Amazon限定ということで、価格が抑えられていて結構お得な商品です。

ここまで安いので、5バンドしか受信できませんが、バンド数は5バンドあれば十分です。

映りも良く見やすいので、とにかく安くてコスパが良いものが欲しい方におすすめです。

レビュー
この間やられた場合を通ったら、1キロ手前から反応。
通った日はネズミはいませんでしたが、やっている場合を正確に知らせてくれるので、買って大正解!
出典;amazon.jp

レビュー
こんな安い値段で映りはいいし、便利だし、重宝してます、しいて言えばもう少し枠事態に重厚感があればいいなと思います、キャシャすぎます、
出典;amazon.jp

第4位 コムテック レーダー探知機 ZERO 502M (12684円)


POINT

ミラー型ならこれ!場所を取らずにスタイリッシュ

メーカー  コムテック
GPS情報の更新  無料
本体の形状  ミラー型
受信可能バンド数  18
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  対応

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180331151329p:plain

ミラータイプは比較的高いものが多いのですが、その中でも安く、機能面も十分なモデルになります。

表を見てもわかる通り、レーダー探知機としてもコスパが高いので、安くて良いミラー型がほしいというかたにぴったりな製品です。

ミラー型の欠点として、表示範囲が狭いという部分がありますが、音声と小さい液晶で必要十分だと私は思います。

レビュー
機能たっぷりの割に安かったので星五つ。
OBD2のケーブルと一緒に買って、接続も簡単でした。
買って直ぐ最新版のデータへと、ネットからSDカード経由で更新しました。
電圧計やら温度計やら、表示の設定が色々と変えられて面白いです。
初期設定だと警告音量が大きいので買って直ぐに少し音を絞りました。
「カーロケ無線を受信しました」の警告直後にパトカーと対面した時は感心しました。
逆に「レーダー受信しました」とシリアスに言われて何も無かった時は損した気になります。
色々と警告されるもんで、装着前よりも確実に平均速度が落ちました。
それはそれで安全方向なのでアリかな?と思ってそのまま使ってます。
出典;amazon.jp

第3位 【WEB 限定】ユピテル レーダー探知機 AM120 (16980円)


POINT

WEB限定販売の超お買い得レーダー探知機

メーカー  ユピテル
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型
受信可能バンド数  18
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  対応

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180331140821j:plain

WEB限定販売の為、価格が安く、コスパが上がっています。

こちらの機種は住宅街などに設置される小型オービスのレーダー波受信に対応していて、GPSデータに乗っていない新しく設置される小型のオービスにも対応できるようになっています。

公開取締情報も受信し、取締道路も点滅させて警告してくれる高スペック機種です。

レビュー
WIFISDカードを使えば、暖気運転中に毎日取締情報をダウンロードしてくれるので、大変役に立ちます。ステルス式によるレーダー取締機の無効化が進んでいる昨今、唯一有効な手段だと思います。
出典;amazon.jp

レビュー
2017年の最新モデルでスペック的には上級モデルと同等です。WEB限定と言うことで説明書が無いことと、梱包が簡易的ですが、説明書はWEBより印刷できますので問題ありませんでした。
出典;amazon.jp

第2位 コムテック レーダー探知機 ZERO 100L (10709円)

POINT

液晶画面がないので車内で目立たない!シンプリストにおすすめ

メーカー  コムテック
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型(液晶画面なし)
受信可能バンド数  18
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  対応

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180331125825p:plain

こちらの商品は液晶画面がついていないため、車内でまったく目立たない薄さ14mmの超コンパクトタイプです。

ではどうやって警告を確認するのか?ランプと音声のみで教えてくれます。

視線の動きがないので安全が保たれますし、警告などだけであれば音声のみで十分役割を果たしてくれます。

高級モデルに搭載されている各種機能もついていますので、コスパの高い製品です。

レビュー
これは単なるレーダー探知機ではなく、スクールゾーンや交通事故頻発エリアの警告など、カーナビでは告知されない情報も知らせてくれる、いわばカーナビを補完する検知器でもあり、特に道路事情に疎い高齢運転者に有効な情報機器と言えるでしょう。
出典;amazon.jp

第1位 コムテック レーダー探知機 ZERO 703V (14800円)

POINT

Amazonランキング第1位!この価格帯では一番のコスパ!

メーカー  コムテック
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型
受信可能バンド数  18
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  Gセンサー
OBDⅡ  対応


f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180331120350p:plain

高級モデルなみの機能が搭載されている中で、1万円前半の価格設定は驚異的です。
WFFIでのGPS更新はできませんが、無料でSDカードで出来るので問題はありません。

これを買っておけば後悔しないので、迷ったらこちらを買いましょう。

レビュー
ユピテルだと更新に料金が発生するが無料での更新ができ、尚且つ更新頻度が高いので満足している
専用の無線ラン搭載のSDカードでなくても、FlashAirで使える(こちらのが安い)
ただ、703Vで使うときには、Radar SD CreatorにてSDカードを専用化するときに
ZERO 703V
を選択せずに
WSD8G-703V
を選択することで使えるようになる
ここで、ZERO703Vを選択するとダウンロード等ができないので注意が必要
出典;amazon.jp

本日の最安

セルスター ソケットタイプGPSレシーバー GR-81/B (5304円)

POINT

液晶がなく、無線受信機能がなければこの低価格!

メーカー  セルスター
GPS情報の更新  無料
本体の形状  一体型(液晶なし)
受信可能バンド数  5
Wi-Fiによるデータ更新機能  ×
センサー  ×
OBDⅡ  非対応

GPS受信機能のみに特化したGPSレシーバーです。

無線などのレーダー波を受信する、無線受信機能は搭載されていないため、GPSによる登録した取締ポイントを警告してくれる機能に特化しています。

警察の無線などを受信する機能はあるにこしたことはないですが、警察側もレシーバー側にキャッチされないよう、進歩しているので、高級モデルと比較して、捕まりやすさは大きく変わらないと思っています。

こちらの製品は画面がないため、音とランプで警告してくれます。

シガーソケットに直接差すタイプの為、取り付けがめちゃめちゃ簡単で、初心者でも迷いません。

とりあえず探知機を車につけてみたいというかたにおすすめです。

レビュー
シガーソケットに刺すだけで使えるので、設置も設定も簡単。
マイクロSDカードを使ってのデータの更新も簡単、しかも無料。
取り締まりポイントのアナウンスがコムテックより多く、使いやすい。
取り締まり無線(工事現場の無線に誤反応する事が多く、意味がないので不要)には対応していないが、取り締まりエリアには対応しているので、これで充分です。
出典;amazon.jp

まとめ


以上になります。

今回は本当にレーダー探知機として必要な性能だけにしぼって、コストパフォーマンスの高い製品を中心に紹介しました。

この記事がレーダー探知機選びの参考になったら幸いです。

また、過去にドライブレコーダーのおすすめも紹介しています。

レーダー探知機と同様、車に必須の装備だと思っているのでよかったら参考にしてください。