RENKA!
生活に役立つお得情報を紹介します

有線・無線・ゲーミングマウスの最強おすすめランキング。【AMAZONで購入可】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103115301p:plain

今回はパソコンには必須になるマウスゲーミングマウスを紹介していきたいと思います

マウスの違い(無線・有線・ゲーミングマウス)


まず、マウスの種類として
・無線(ワイヤレス)
・有線
・ゲーミングマウス

3つがあります。

最近ではコードがない「ワイヤレスマウス」が利便性も良く、使われることが多いです。

しかし、ワイヤレスマウスが主流になった結果、昔ながらの「有線マウス」が安く買えるようになっているのでコードがあっても使える方ならおすすめです。


「ゲーミングマウス」というのは聞きなれない方もいると思います。

「ゲーミングマウス」というのは、ショートカットボタンがついていて、いろいろな機能を設定出来たり、DPIというマウスの感度を自由に設定する事が出来、PCゲームを遊びたい人にピッタリのマウスです


この記事では、無線、有線、ゲーム用と種類別に紹介していきます。





DPI(DPI感度レベル)ってなに?

DPIとは、1インチあたりのドット数の事で、「Dots per inch」の略式です。

具体的に言うと、マウスを動かすとポインタが動きますが、マウスを動かす範囲によってポインタがどれくらい移動するかの度合いです。

DPI値が大きいほど、マウスを少し動かすだけでポインタがたくさん動きます。

DPI値が小さければマウスを広範囲に動かしてもカーソルが少ししか動かなくなります。
本格的にPCゲームをしたい方は細かくDPIを変更して自分に合った感度を見つけるため、重要な数値です。そのため、「ゲーミングマウス」はDPIが幅広くとられています。

ネット観覧だったりオフィスなどの事務作業をメインにする場合はそこまで細かく調整する必要はないため、DPIがないものが低品質というわけではありません。
おおまかであればポインタの挙動はソフトウェアからも変更可能です。



おすすめのマウス

今回はマウスを選ぶ基準を

・値段
・メーカー
・WindowsやMacに対応しているか
・有線か無線か
・充電式か電池式か
・DPI感度

に分けてそれぞれ表にしています。

よかったら参考にしてみてください!

「ワイヤレスマウス」のおすすめ

Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス(約1000円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103155039p:plain

まともな無線マウスの中で格安のAmazonベストセラー1位!

価格 約1,000円
接続 USBレシーバー
充電 ☓(単三電池)
Windows
Mac
DPI 800~2400(400刻みで調整)

1000円という格安でありながら、ちゃんとした品質の良いマウスです。

人気ランキング1位なだけあり、コスパ抜群で操作性も不満はあまり見つからないです。

USBレシーバーを使ってPCと接続できます。

DPIの調整も付いていて、1000円というお値段にしては驚異的な性能になっています。

壊れにくさもあり、スペックに満足すれば何回も買い直す必要はありません。

少しラグがあったりクリック音が少し大きめだったりする報告もありますが、このコストに対してデメリットがそのくらいしかないので、コスパの良いマウスがほしいという方におすすめです。


レビュー

10年使ったマウスがぶれました。安いから大丈夫かなと心配でしたが、気持ちよく使えています。
出典;amazon.jp





Logicool ロジクール Bluetooth マウス M336BK(約2400円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103155923p:plain

Bluetooth機能搭載の中では一番のコスパの格安マウス!

価格 約2,400円
接続 Bluetooth
充電 ☓(単三電池)
Windows
Mac
DPI 1000(調整不可)

安いコンパクトBluetoothマウスの中ではとても使いやすいです。

低価格な分、豊富な機能は期待できませんが、最低限必要な機能をシンプルにまとめてあり、使用に耐えうるコスパの良いマウスになっています。

クリック感もしっかり感じることができ、ラバークリップも持ちやすい形状でさわり心地も良いです。

Bluetooth対応のものならほとんどのデバイスに使用できます。

窓の上限までホイールでスクロールした際、真ん中のボタンを押してアプリの切り替えが出来るなど、かゆいところに手が届く便利さもあります。

とりあえず買っても損はない、良い商品です。

しかし、数年使うとBluetoothが反応が悪くなる報告もあるので、
それくらいで買い替える可能性があると思って良いと思います。

買った当初は新品の為、ホイールを動かすときのキュルキュルする音が気にある方もいるようですが、しばらく使うと馴染んで音もしなくなります。



レビュー

初めてのMacのデスクトップだからせっかくならとマウスもキーボードも新調。家電Shopでアップル純正を触っただけではわからなかった使いにくさ。慣れだけとは思えない。我慢の限界はあっという間にやってきてこのマウスに。こうでなくっちゃ。電話口のアップルのお兄さんも、ロジクール結構いいんですよねと言ってました。
出典;amazon.jp





Logicool ロジクール ワイヤレスマウス M545BK(約3000円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103161135p:plain

Windowsに最適化されたWindowsユーザーの為の高性能な割に安いワイヤレスマウス!

価格 約3,000円
接続 USB Unifyingレシーバー
充電 ☓(単三電池)
Windows
Mac
DPI 調整不可


アマゾンユーザーからの支持が高いワイヤレスマウスです。

チルトホイールにWindows8のショートカットボタンが割り当てられていて、一発で任意の場所まで飛ぶことが出来ます。
しかし、Windows専用に作られていて、MacOSには対応していません。

さらにボタンにもショートカットを割り当てる事が出来、自分の好きなアプリを設定してショートカットすることができます。
Windows8用となっていますが、ソフトウェアをダウンロードすれば、Windows7でも使うことが出来ます。

スイスのブランドであるロジクールの商品ではありますが、上記の商品は日本人の感性に近く、丈夫でボタンも押しやすいです。

高評価に偽りのないおすすめマウスです。


レビュー

音楽の再生用にメイン機と別にHDMI接続のデスクトップPCを購入したのを機に、同メーカー無線キーボードと一緒に購入しました。
トータル3000円程度だったと思います。10年程前なら桁がもうひとつ上がっていましたから、安くなったもんだと思います

まず、本製品にしたのは、5ボタンが欲しかった為です。
開梱し、キーボードとマウス、それぞれに付属のUSBレシーバーをともに装着した所、すぐにどちらも認識されました(Windows7)。
が通常の5ボタンマウスの「戻る」「進む」を押したところ、「デスクトップの表示」「スタートボタンの表示」がされるのでおかしいなと思い、少し検索してみたところ、ロジクールの「Set point」というソフトウェアが必要なことがわかりました。

[・・・]

こちらをインストールすると、ウィザード形式で簡単にUSBレシーバーをひとつに統合できました。通常では、キーボード側のUSBレシーバーを使う様です。
また、英語版のみの提供ですが、マウスのセッティングもいろいろと簡単に変更できます。
それに余ったUSBレシーバーは、電池が入る所に収納できるのはよく考えられているなと思います。

少し重いのが難点ですが、性能、価格を考えれば十分だと思います。
100均で売っている、単三電池用スペーサーにLR44等のボタン電池を仕込むと重量を軽くできると思います。
出典;amazon.jp






LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t(約4092円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103162941p:plain

マウスを動かす必要のない、快適な新世代マウス!

価格 約4,092円
接続 Unifyingレシーバー
充電 ☓(単三電池)
Windows
Mac
DPI 540(レーザーポインターで調整)


従来のマウスの使い方は、マウスを左右前後に動かしてポインタを動かしますが、その動作をボールを回して行うのが、トラックボールマウスと言われるものです。

少し前まではトラックボールマウスは使い勝手があまり良くなく、珍商品扱いされるものでしたが、今となってはふつうに使い勝手の良いマウスになっています。

慣れた方の中には、トラックボールの方が快適だという人も多いです。
マウスを動かす必要がない為、動かす面積のないベッドやソファーや、狭い机などでも快適に使う事が出来ます。

ゲームに使うとかではなくオフィス用などであれば、使い慣れればふつうのマウスより快適に感じる可能性が高いです。

慣れれば、従来のマウスよりも快適に使うことができるでしょう。

すでに人気マウスですが、これからもどんどん流行っていくマウスの形だと思います。

値段が気にならないのであれば一度試してみるのがおすすめです。!


レビュー

大変便利です。卓上にそれほどスペースがなくても使えます。また、従来のマウスだとマウスを動かさなければいけない分のスペースやマウスパッドが必要だったりとスペースが必要でしたがこのトラックボールだと不要なので、むしろ卓上がすっきりします。
ただ思い通りに操作するにはコツがいります・・・。慣れれば非常に楽になるので我慢です。
人によっては親指の付け根が痛くなるかも。
メンテナンスですが、ボールが取り外し可能ですので、せめてボールが埋まっていた窪みは掃除したほうがよいです。ボールが滑らかに転がらなくなったりします。
出典;amazon.jp







エレコム トラックボールマウス ワイヤレス 大玉 8ボタン チルト機能(約5860円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103164244p:plain

8つのボタンにチルトホイール付き、さらに中指、人差し指で動かす大玉ボールでマニア好みのギーク多機能マウス

価格 約5,860円
接続 USBレシーバー
充電 ☓(aaa電池)
Windows
Mac
DPI 500,1000,1500

ギークな方たちから熱狂的支持を持つトラックボールマウスです。

見た目は大振りでシンプルとは言い難く、デザイン的に優れているとは思えませんが、慣れた人たちにとって、使い勝手が抜群のようです。

多機能に特化しており、自分流にカスタマイズボタンにPCの挙動を各所に割り当て可能です。

通常クリックしなければいけない「進む」「戻る」ボタンが付いており、ソフトの中でしなければいけない動きをマウス側で制御できる、日本人好みの家電機器と言えます。

一般的には上で紹介しているlogicool製のトラックボールマウスをおすすめしたいですが、一部の人にはまるクセの強い商品です。



レビュー

まだ、すっかり手に馴染んでいませんが、高いポテンシャルは感じます。
球が小さい場合、指が乾いてくると球が滑って動かしにくいのですが、この球はデカいので他の指も一緒り使えるので、作業がとどこおることもなく、進みます。
ボタンも自分に使いやすいようにカスタマイズできるので、これから、強い相棒になりそうです。
出典;amazon.jp






Logicool ロジクール MX1600sGR ANYWHERE 2S(8224円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103165038p:plain

洗練された匠のコンパクトデザイン。特別に小さくて特別に軽い、あまりにも高性能な数珠と言えるワイヤレスマウスです。

価格 約8,224円
接続 Bluetooth、USB
充電
Windows
Mac
DPI 200〜4,000

正直通常のオフィスなどの使用用途であれば、小型マウスとして上限と言える高性能さをほこります。

正直マウスとしては高く感じるかもしれませんが、その分何不自由無く快適なマウスです。

通常使用はもちろんですが、DPIの設定も200から4,000まで、50dpi刻みで出来るので、ゲーム用としても使えるスペックを誇ります。

また、BluetoothとUSBレシーバー両方に対応しているので、どのPCやOSでも使うことが出来ます。
同じネットワーク上であれば、3台までパソコンを同時接続できるので、パソコン間をポインタが行き来でき、画像・ファイルのコピー&ペーストを可能です。

匠な完成度の為、形状や手触りも申し分ないです。
この値段に納得のクオリティです。



レビュー

自分の思う利点と欠点

デスクに透明マットを敷いたのをきっかけにこの不可視レーザータイプを買う羽目に

利点:極端に小さくもなく大きくもなく掌の大きな自分いも馴染む
3分の充電で8時間使えるのは確かに便利だが、日当たりのPC可動時間が長いと満充電でも公証通りの期間はもたないが充電を忘れるほど長く持ってくれる
クリックtoクリックとスピンの切り替えができるマウスはゲームの時とブラウジングの時で使い分けられるので重宝する

欠点:マウス左サイドにボタンが2つ配置されているがマウス自体のハイトが低いのでボタンに触れまいと意識するとどうしてもマウスの底の方をに親指が位置するので、後ろに小刻みに引いた時に力が入るとマウスが親指側だけ浮いてしまいカーソルが止まってしまうことがある
出典;amazon.jp






「有線マウス」のおすすめを紹介

Logicool ロジクール 有線光学式3ボタン マウス M100r(約470円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103170711p:plain

マウスの中でも格安!USBケーブルで繋ぐシンプルな有線マウス

価格 約470円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 調整不可

500円以内で買える驚異的な安さのマウスです。

格安の為、すごく使いやすく快適というわけではないですが、余分な機能がなく、シンプルに使えて扱いやすい商品です。

メーカーもロジクールの為、信頼性が高く、なんでも良いから使える安いマウスがほしいという方にはこちらがおすすめです。


レビュー

普段はすべてLogicoolの無線マウスLogicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BKとかロジクール パフォーマンス マウス m950t M950tを使っていて有線を一つも持っていなかったのですが、先日スティックPCDiginnos Stick DG-STK3(スティック型パソコン Windows 10)を買った際に有線のほうが安心してセットアップできるかなと思い、購入しました。すごく安いしそれなりにきちんとLogicoolだし、非常時用に(あるのかな?)持っている分にはいいかなと思っています。
出典;amazon.jp







BUFFALO 有線BlueLEDマウス 静音 BSMBU26SMBK(約633円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103171807p:plain

クリック音が小さい!手頃なお値段の有線マウス

価格 約633円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 1000DPS(調整不可)


有名な日本企業の「バッファロー」であればこの有線マウスをおすすめします。

特徴としてはクリック音が小さいので、みんなが寝ているときに使いたいなど、クリック音が気になる環境の方には最適な商品です。

この価格ながらまともな使い心地で、まじめな商品です。




レビュー

長期入院のため病室(4人部屋)にて使用、使用3か月苦情は出ていません。

★静音
・クリック音は本当に静かで、少し押し込むような感じ、同室の人に「本当にパソコンやってるの?」と言われています。
・BlueLEDで感度良好、病室の机でも静かにマウス操作できます。
★使用感(大柄で手も中指から手首まで約24㎝)
・マウスを包み込む感じになり、クリックする指が第一関節分はみ出て、若干動かしづらい面もあります。
・クリックした感じが人により物足りなさを感じるかも。
★コスパ
 ・1000円を切る価格なら普通にパソコンを使用し、静かな環境でマウス使用を考えている人におすすめです。
出典;amazon.jp







Amazonベーシック USBマウス MSU0939(約698円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103174804p:plain

Amazon社の公式有線マウス!アマゾンにお世話になっているみなさまにおすすめです。

価格 約698円
接続 USBポート(USB2.0に対応)
充電
Windows
Mac
DPI 調整不可


珍しいAmazon社のマウスです!

使った感想としては特段まずいところもなく、標準的です。

比較的安価でデザインも悪くないので、Amazonをよく利用される方はお賽銭としていかがでしょうか。



レビュー

移動(出張のとき)はワイヤレスをよく使っていましたが、ワイヤレスはコンパクトで最初はいいのですが何年かすると機能が確実に落ちますね。その点有線はとても安心に使いやすい。それを今回このマウスで実感しました。このマウスはシンプルですが、マットなブラックとアマゾンの控えめロゴとその下のオレンジがとてもテイストよく効いていてしかもアマゾンというブランドが(ちょっとレア感覚な=量販店では売っていない感)が少し優越感を感じさせます。オレンジがとてもいい感じです。
マウスタッチもとても感度よく、快適に使えやっぱり有線にはかなわないな~と思った一品です。
出典;amazon.jp







「ゲーミングマウス」のおすすめを紹介

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s(約2427円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103175435p:plain

安価ながらも本格的なゲーミングマウス!


価格 約2,427円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 250〜2500


250から2500DPIまで調整可能で、プログラムで好きなコマンドにすることのできるボタンが9個ついています。

PCでゲームをするためだけに作られたようなマウスです。比較的安価ながらも、最低限の機能は揃っています。

有線ですがが、ちゃんとした机があれば、ゲームプレイに支障は出ません。

FPSゲームプレイヤーやEスポーツ参加者におすすめです。




レビュー

以前使用していた同じもののホイールクリックが認識しなくなったため購入しました。
およそ二年ほど持ったためまぁそんなものかと思っています。
ゲーミングマウスとしてはコスパ最高です。
専用ソフトでDPIも自由にいじれるようです。
(私は特にいじっていません。)
有線であるというのも一つのポイントではないでしょうか。
お勧めです。
出典;amazon.jp







レーザー式 ゲーミングマウス SteelSeries SENSEI(約7668円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103180243p:plain

超本格派のゲーミングマウス「先生」

価格 約7,668円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 1〜5700

スティールシリーズ社製の商品で、Eスポーツアスリート向けの商品を作り続けているメーカーなので信頼性は抜群です。

マウスに先生という名が入っていますが、会社はシカゴにあるアメリカの会社で、日本語をインスパイヤしていて面白い商品です。

そしてこの「SENSEI(先生)」は商品としても評価が高く、ゲーマーたちに愛されている商品です。

非常に高性能なゲーミング用のマウスで、DPIは1から5700まで、レーザー式のセンサーでさらに高度なマクロを複数のプロファイルに保存が出来ます。

手に汗をかきやすい方も安心の手汗に抵抗力のあるコーティングもされていて、左右対称、とても持ちやすいです。


レビュー

2年半ほど使用していたSensei rawのカバーがボロボロになったので乗り換えました。
rawを使っていた私の手にとても馴染んでいます。やはり大きなマウスは良いですね。
よく遊ぶゲームはlolとpubgです。

sensei rawとの違い 握り方:かぶせ持ち , dpi:800 1000hz
・微かにあった直線補正が完全に切れています。直線補正をアプリケーションで設定する事も可能ですが、直線補正を設定した際にマウスを僅かだけ動かした場合、上下左右の4方向にしか進まないためオススメ出来ません。しかし、直線補正が無くても、今のところ気になっていません。センサー自体の性能はrawよりも遥かに良いです。
・左右のシリコン製のグリップがとても良い。ひっかける感じでもなく、サラッとぴったりグリップします。シリコンだという事で手入れに苦戦しそうでしたが、グリップ部分は厚みがある窪みではないので、手入れは容易でしょう。
・ホイールを回すと、軽いではなく、柔らかいです。フワフワしてます。しかし回した感覚はあります。
・サイドボタンは主張がrawより強いですが、触ろうとした時のみで、普通に握っている状態では違和感はありません。
出典;amazon.jp








Logicool ロジクール G403 Prodigy ワイヤレスゲーミングマウス G403WL(約10429円)

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180103190519p:plain


ワイヤレスなのに遅延なし!最高級の快適さ、プロ御用達のゲーミングマウス


価格 約10,492円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 200〜12,000

無線なのに遅延がなく、完璧にレスポンスしてくれる、プロ仕様のゲーミングマウスになります。
有線・無線どちらでも使用が可能です。

ブレがなく、感度、スピード、丈夫さでもすべての要素で完璧と言われていて、e-sportsアスリートから高い評価を得ています。

価格だけ見ると安く感じませんが、プロ仕様と考えるとコストパフォーマンスが高いです。
e-sportsアスリートとしてこだわりたい方、上を目指している方に買ってほしい商品です。




レビュー

1か月程使用してのレビューになります。

今までずっと有線のゲーミングマウスでしたが、遅延やチャタリングもなくスムーズに使えています。
FPSからMMOまでプレイしますが、ケーブルの引っ掛かりが無いというのが非常に良いです。

ソフトウェアの面も設定が豊富にあり十分だと思います。

バッテリーの持ちは1日12時間使用で2日半くらいは持ちます。
出典;amazon.jp

本日の最安

Sherry USBマウス 有線光学式3ボタン マウス 黒

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20180106143043p:plain


価格 約175円
接続 USBポート
充電
Windows
Mac
DPI 不明


可もなく不可もない有線マウスです。
Amazonで最安のマウスになります。
最安ですが、ゲーミング用でなければ何の問題もないマウスです。
とりあえず使えるマウスが欲しい方に。
無線ものも200円前後で買えるのでそちらもおすすめです。




レビュー

この値段で半信半疑でしたが、ポインターはスムーズに動きます。
出典;amazon.jp







以上になります。
自分にあったマウスを使えば作業効率があがります。
この記事が参考になれば幸いです。


マウスだけでなく、キーボードやモニターの紹介記事もあるので、よかったら参考にしていってください!

www.renkarenka.com

www.renkarenka.com